BLOG

INFORMATION
ブログ

2020.05.10ブログ

昔から脚が太くても〇〇改善すれば美脚になれる西尾パーソナル

近年、パンツスタイルや脚のラインが綺麗になるファッションが流行し、トレーニングでも美脚や美尻のようなスタイル重視のトレーニングも注目されています。

テレビや雑誌で紹介されていて興味を持ちつつも、昔から脚が太いから自分には無理だろうと考えている人は結構多い。

本当は、脚を綺麗にしてファッションを楽しみたいのに…

どこか諦めモードになっていませんか?

 

それは、自分の脚に合った改善方法を知らないからです。

 

世の中に出回っている多くの情報は、人に合わせることなく脚やお尻の筋肉を鍛えるトレーニングであることが多いです。

確かに、脚を鍛えて脂肪を落としたり、お尻を鍛えてトップの位置が上がれば脚も綺麗に見えます。

ところが、骨盤股関節の捻れ・膝下の捻れ・足首の捻れを無視して、トレーニングすると筋肉が偏って付くことがあります。

偏って付く場所は、脚の太さが最も気になる「脚の横張り」です。(男性も気になります)脚の筋肉は外側の方が大きくなりやすいのも特徴です。

 

それを改善するのがRestorationのパーソナルメニューの一つ捻れ改善です!

 

 

捻れ改善とは?


①骨盤・股関節の捻れ

②膝下の捻れ

③足首の捻れ

この三箇所の捻れを正しい位置に戻すこと。

日本人女性が避けるあぐら姿勢や太腿の外旋(脚を開く動作)は股関節の大切な動きです。この動きを制限してしまうと、内旋(内捻り)が多くなり関節が捻れてしまいます。

捻れの位置を正しい位置に戻せれば、筋肉の付き方がバランス良くなり、昔から脚が太いと思っている人も美脚にすることが可能となります。

 

まずは、自分の脚が捻れていないか?チェックしてみましょう!

 

 

骨盤・股関節の捻れ


・膝のお皿が正面を向いているか?

・親指と人差し指の間が正面を向いているか?

膝と爪先が内側に向いているとお尻の筋肉も一緒に弛み、脚を太くする原因になります。

 

 

膝下の捻れ


・膝の中心とスネの骨が垂直線上にあるか?

・膝の中心と足首の中心が垂直線上にあるか?

膝とスネのズレの多くはスネが膝の中心に対して、外側にズレていることが多く、ふくらはぎを太くする原因になります。

 

 

足首の捻れ


・親指と人差し指の間とかかとの中心が真っ直ぐ正面を向いているか?

・かかととアキレス腱がおおよそ垂直線上にあるか?

アキレス腱が外に曲がっていたり、内側に曲がっていたりします。かかとの中心にアキレス腱が真っ直ぐになっていることが理想です。足首が歪むと全体の歪みに繋がります。

 

 

まとめ


脚を綺麗にするための秘訣の一つは脚の捻れ改善です!捻れは日常生活の癖からくることが多く、身体の使い方で改善可能です。脚の太さが気になる人、美脚にしたい人はまず、脚の捻れチェックをしてみましょう!

 

捻れ改善相談はこちらからどうぞ ➡︎ CONTACT
SHARE
シェアする
[addtoany]

無料カウンセリング・トレーニングのご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームよりお問い合わせください

090-9127-0686